前へ
次へ

離婚裁判でかかる弁護士費用を抑えるためには

離婚裁判には大きな費用が掛かります。
そのため、どれくらいのかかるのか確認し、回避できるのであれば回避できるように行動したほうがいいでしょう。
一般的に離婚裁判にかかる費用として挙げられている大きなものは、弁護士費用です。
弁護士費用の相場として挙げられている金額は、80万円から120万円前後とされています。
ただし、地域によっては多少安くなる所もあるため、必ずしもこの金額通りとはなりません。
地域ごとの相場を確認して申し込んだほうがいいでしょう。
また、平均的に裁判の結果が出るまでにかかる期間は1年前後とされており、必ずしもすぐに結果が出るわけではないことも事実です。
離婚のために裁判を行うことは、確実に離婚できる可能性が高まりますが、時間がかかり、経済的にも精神的にもストレスがたまることを理解して行動に移しましょう。
なお、弁護士費用には交通費や日当が含まれていないため、弁護士費用にプラスしてかかると考えてください。
ただし、できる限り費用を抑えたいと思っているのであれば、弁護士費用を抑えるために地域の無料相談などを活用し、ある程度方針を定めてから依頼をするといいでしょう。
無料相談は自治体によってやっている範囲や時間帯が異なるため、どれくらいの期間でどれくらい費用が掛かるのかについてだけではなく、自分に有利な結果を出すためにどんな資料が必要となるのかについてもアドバイスしてくれます。
また、それ以外にも裁判で使う裁判所に近い弁護士事務所に依頼をすることで、弁護士事務所からの出張費や日当が安く抑えられる可能性が高いです。
裁判で交通費などがかかるのは、裁判費用がかさむことを考えると頭が痛いでしょう。
そのため、あまり交通費のかからない弁護士事務所に依頼をすれば、費用を抑えて裁判を行うことができます。
なお、弁護士だけではなく、裁判で有利な証拠を得るために、なるべく優先的に興信所を雇い、有利に進められるための証拠を集めておくことが望ましいでしょう。
平均的に30万円から100万円前後かかるといわれているため、どうしても有利な証拠をとるときだけ活用してください。

パソコンでもLAWSHONのアダルト商品楽しめます

Page Top