前へ
次へ

離婚裁判が終わる期間

結論からいうと、離婚裁判が終わるのは、大体1~2年程度です。争点が多かったり当事者が激しく怒っていたりする場合には長くなります。なぜこんなに裁判は終了までに時間がかかるのかというと、審理日がもうけられるのが、1か月~1か月半程度だからです。審理日が終わらないと話が進みません。ただし、審理日の前に準備書面や陳述書の作成や証拠の提出などがあるので、1か月~1か月半程度の時間があるといっても、時間的余裕はありません。口頭弁論以外にも、人的証拠調べなども行いますが、そのための準備も必要です。もし、離婚裁判を早期に終わらせたいと考えるのであれば、和解することを検討してみてください。自分で相手方にいいにくい場合には、和解意思があることを裁判所にいうと、和解の協議をしてくれる場合があります。裁判所としては、強制的に裁判を終わらせる判決より、当事者がある程度納得できる和解での解決に好感を持っているとされています。

Page Top