前へ
次へ

離婚裁判の原因をよく理解しておく

離婚するときには、離婚裁判と呼ばれる言葉を意識する人も少なくありません。離婚裁判とは、当事者と第三者を交えて裁判を行うことです。ただ、離婚をする人すべてはこの裁判を経験するわけではありません。では一体どのような人が裁判をするようになるのでしょうか。そのきっかけを見ていきます。離婚裁判をする人は、大体当事者間の話し合いで解決できない問題を抱えている場合です。1つがお金の問題になります。例えば不貞行為をした場合には、慰謝料請求をすることができそれと同時に離婚することも可能になります。この慰謝料請求をしたとしても、相手方はなかなか解してくれません。それこそ多額のお金になるためです。そのため、このような場合には当事者間で話し合いを行っても決裂し、その後裁判所にもつれ込む形になるでしょう。もう一つは、親権をどのように考えるかが問題になります。親権に関して、両方の親が主張している場合にはなかなか決着をつけることができません。この場合には裁判所にお願いをすることになるわけです。

Page Top