前へ
次へ

離婚裁判でもめること

離婚裁判になった場合、子どもの親権以外にももめる要因はあります。その1つに財産分与の話があります。財産分与を行う上で納得できる形にしないと、離婚裁判は長期化をすることがあります。婚姻関係にあった時に得た財産は等しく分配をされるということになっています。例えば専業主婦になったとしても、その間に夫が稼いだ財産は分配されるということになります。これに納得いかないということであれば、離婚が成立するまでにかなりの時間がかかってしまうことが予想されます。出来るだけスムーズに解決するためには、財産も整理をしておくとよいでしょう。そうすることによって、納得できる財産分与を行うことが出来るでしょう。裁判所に判断を扇ぐということになるので、文句があっても受け入れるしかなくなります。離婚の理由が不貞行為の場合には、財産分与をした金額にさらに請求をすることができるようになっています。その金額に関しては過去の判例などを参考にするのもよいでしょう。

Page Top