蜑阪∈
谺。縺ク

離婚裁判で養育費を求めるときに必要な書類

離婚をすると未成年の子供がいるときには親権者がどちらになるかを決める必要があります。
一般的には母親が決まるとされていますが、父親側が訴えれば父親が親権者になるときもあります。
親権者がどちらになっても子供の親であることには変わりなく、親として子供を育てる義務は残ります。
親権者であれば一緒に暮らしながら育てることになりますが、親権者でなければ暮らすことはできなくてもそれ以外の部分で子供の面倒を見る必要があります。
離婚裁判を行うときには相手方に養育費を求めることがあり、親権者としての権利が得られて相手に収入があるときは認められる可能性は高いです。
このときに提出が必要な書類として源泉徴収票があります。
源泉徴収票は所得税の計算をするときに必要な書類で会社などで発行してもらえます。
離婚裁判でなぜ必要かですが、養育費はいくらでも請求できるわけではなく家計などを勘案して計算されるためです。
源泉徴収票がなければその他の収入がわかる書類の提出が求められます。

Page Top