前へ
次へ

離婚裁判内で利用できる証拠が重要

離婚裁判が行われる場合、多くの原因がどちらかの不貞行為があります。この場合不貞行為を行った相手が自分の非を認めた上での話し合いであれば、協議離婚でも問題なく離婚ができることが多いです。ですがなかなか自分の不貞行為を認めなかったり非自体を認めない場合や、絶対やっていないと否定したりすると話し合いが進まずに離婚できない状態が続く事もあります。そのため離婚裁判になった時は、相手の不貞行為を認めざる得ないほどしっかりとした証拠を準備することがポイントになってきます。また裁判で利用できる証拠かどうかという点も重要になります。自分が証拠だと思っていた内容は、裁判では意味をなさない証拠では大変です。そのため不貞行為が事実であると認めざる得ない証拠を用意しておく用にします。メールなどの不貞行為を自分で認めるような内容や、事実を認めた念書なども証拠になります。これらの証拠はとても重要なので裁判前にしっかり準備するようにします。

Page Top