前へ
次へ

離婚裁判をする愛の流れを知ろう

離婚の裁判をしたことがある人は、それほど多いわけではありません。いくら日本の離婚率が上がったとしても、離婚裁判自体が頻繁に行われているわけでは無いわけです。離婚したカップルのうちおよそ1割程度が離婚裁判にもつれ込むだけで、それ以外のほとんどは裁判をせずに終わっているでしょう。そのため、ほとんどの人はどのような流れになるかわかんないことが多いです。基本的に離婚裁判の流れはまた裁判所に行って訴状を提出することになります。ですが、当事者間で話し合うのが基本になりますので、話し合った上でうまく結論が出ない場合に予約裁判所が関わることになるでしょう。裁判所が関わるといっても、クリスが離婚裁判の前に調停を行いそこで第三者を入れて話合いすることになります。その後ようやく、決着がつけば解決と言う形になるでしょう。しかし多くの場合それでも決着がつかないことがありますので、このような場合ようやく裁判になだれ込むと考えて間違いありません。

Page Top