蜑阪∈
谺。縺ク

離婚裁判をする場合の心構えとは

近い将来離婚裁判をするとなれば、様々な知識を得ておかなければなりません。
ある意味において、心構えが重要になります。
離婚裁判における心構えはどのようなものが必要かと言えば、1つは時間の問題になります。
一体どれぐらいの時間がかかるか知っておかなければならないでしょう。
どれぐらいの時間がかかるかと言えば、基本的に3ヶ月から4ヶ月くらいの時間かかると思って間違いありません。
それだけ裁判をするのは時間がかかりますが、裁判自体は2回位で終わることが多いです。
離婚裁判までに取る段階で様々な手続きを踏まなければいけないため、そちらに時間がかかると言うわけです。
協議離婚から始まり調停をして、離婚裁判にもつれ込むわけです。
これに関しては、弁護士を雇わなければ1万5000円台で済ませることが可能になりますが、大抵の場合には弁護士を雇わなければならないことが多いです。
このような場合には、200000円位かかるでしょう。

Page Top